FC2ブログ
埼玉県所沢市にて消防設備業を営んでいます。見積相談無料。E-mail:info@tama-eikou.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各種点検作業

 消防設備士に従事して三年目を向かえ多忙な日々が
続いております。まずはこの忙しさが年間を通じて継続
していければと思います。その先の目標としては効率
よく仕事ができ、質を高め、売上に貢献できる仕事の割合を
増やしていければと考えています。

例によって点検作業の中で知り得た作業や気づいた事など
をまとめ、頭に叩き込んで行きたいと思います。

先日行った非常警報の点検なのですが初タイプの
非常警報でした。

「点検・ベル停止」なるボタンが存在し、そのボタンを
押下する事でバッテリによるベル鳴動の試験ができるのですが、
通常の押しボタンによる鳴動試験では、押しボタンを戻しても
鳴動が止まりません。「点検・ベル停止」ボタンを押して、
鳴動が止まります。しかしながら連動で鳴動している別階の
非常警報の音は止まらないため各階に行って「点検・ベル停止」
ボタンを押す必要があります。
 →一人で点検できないタイプですね。自己保持スイッチなる
  ものがありましたが、一人でしたので止めておきました。
  次回の課題です。

  ※誰かがいたずらで押した場合の事を考えても大事に
  なりそうです。

先日、日本Dさんのアルミ製消火器の詰替をしました。
点検はしたことがありましたが詰替は初めてでした。

薬剤3kgで、通常の消火器だと本体重量は5.5kgぐらい
ですが、そのタイプは4.34kgで1kg強、軽い計算
になります。薬剤を全部抜くとおもちゃのような軽さでした。
やはりアルミなのでちょっとぶつけただけで変形しそうなので
自分としては通常のタイプがお奨めです。

自家発の点検では、ブレーカ断からの起動とブレーカ入からの
停止の確認をしました。ブレーカ断あと10秒程度で起動する
に対し、ブレーカ入あとは停止まで約3分近く要しました。
停止動作に入ってから停止するまで約1分近く要しました。

動作中、冷却水はお湯となり排水されるため冬にやると
湯気が出てきます。また、消火栓用の自家発なので、ブレーカ断
にて、自家発が動くまで消火栓の電源が落ちるためか、呼水槽減水
やポンプ故障などの警報が受信機に出ます。

先日の避難器具点検で、はしご型の避難ロープは設置基準にて
2階までとなってます。やや高めの2Fからロープを降ろして
みましたが、降下は止めておきました。金属製避難はしごと比べ
突子もありませんし、軽いので風にゆられるため恐怖を
覚えます。まだ降下した経験が無いので二人の時に降下試験を
したいと思いました。

やはり点検は消防設備の種類と点検項目に加え、それぞれの
メーカの消防設備の機能が様々で奥が深いので日々勉強が
必要だと痛感しています。


防犯・防災カテゴリにて2位浮上
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
2007年初クリックよろしくお願いします!!!
ブログランキング
スポンサーサイト

宝塚カラオケ店火災

 年度末にむけて忙しくなってきました。そのうち
花粉症の季節が来ると思うと憂鬱になりますね。

さて、兵庫宝塚のカラオケ店にて死者3人、死傷8人の火災が
発生しました。我々、消防設備業者にとって重要なニュースですね。
以下にWEB情報をまとめてみたいと思います。

・カラオケ店は1階に4部屋、2階に7部屋がある193?の建物で
 1階の厨房(ちゅうぼう)で揚げ物に発火したとの事。

・定期的な消防設備点検は行っていない。消防設備は1Fの消火器1本のみ

・消防法では非常警報設備の設置義務、2Fにも消火器の設置義務がある。

・事務所(12項イ)として届出しており遊技場(2項ロ)として
 用途変更していない。

・2階の窓は防音対策のために石こうボードを張り付けたベニヤ板で
 ふさがれており、避難・排煙・消防隊進入も出来ない状態

・消防法の規定では、事務所は300?以上の場合、
 立ち入り検査の必要があるが300?未満であったので立入検査
 しなかったと消防は弁明
  →遊技施設の場合、店舗面積にかかわらず、消防による立ち入り
   検査が必要

消防設備業者の立場からすると上記のような?数の小さな建物は
ついついちょっとした事を見逃してしまうケースが多いように
思われます。ただ、ここは火事が起きたら危ないな!と察して
指摘できるようにすべきと考えます。
ただ非常警報の設置義務と言われると。。

また、防火対象物点検の対象でもありませんから、2階の窓などは
やはり消防が査察して注意を促すのが賢明な対策といった所で
しょうか。

消火器の使い方は、消防点検の放出詰替の際にテナントのあるような
物件では袋にでも放出をして頂いて使ってもらうように心掛けたいと
思いました。


防犯・防災カテゴリにて3位浮上
(37ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
2007年初クリックよろしくお願いします!!!
ブログランキング

緩降機の降下試験と使い方について

先日、久々ぶりに緩降機の降下試験を行いました。
今回は3Fと4Fから二回、降下試験を行いました。

4Fとなると結構高くとても心配でしたが、数人の点検者と
しっかり確認を行い、また仕事という事もあり、ドキドキは
しましたがあまり躊躇する事なく降下できました。
デジカメ画像でも撮って載せても良かったんですが。。

緩降機の降下では、点検者が事故で亡くなる事が数回あった
そうです。

型式失効となった品では着用具を体にはめた際にリングの締め付けを
しっかり行わず降下をしたために、着用具がスッポリ抜けて亡くなった
例があり、現在の緩降機では降下の際に自動的に着用具が体に
締め付けられる構造となっています。

また、現在の緩降機でもロープの長い方の着用具を地面に落とさず
ロープの長い方の着用具を装着してそのままダイブして事故と
なった例があるそうです。

点検の際にはよく、立会人や住居人と「こんなの使えるはずないですね。」
という会話をしますが、いざというときに設置されていて逃げ場が無ければ
消防車を待つのではなく緩降機にて先に逃げれるに越した事はありません。

確かに初めて見る人が、説明の書いてある標識を読んで操作し逃げれるとは
とても思いませんが、せめて降下試験を行わない点検でも、点検している際に
立ち会って使用方法を聞いた住人の方が、いざという時に使用できればと
願うばかりです。



そこで、緩降機の使い方を以下に簡単にまとめてみました。
初めて降下試験をする方は実際に点検した事のある人と必ず点検して下さい。
また、下記述に間違いありましたら指摘頂ければ幸いです。

 ?アームを組み立てる
   アームは、ベランダ等の地面に設置されているタイプと
  ベランダ等の壁に設置されているタイプと主に二種類あるかと
  思います。

  地面に設置されているタイプでは、ロックを外してアームを垂直に
  伸ばすと降下する方向にアームが折り曲がります。両手で取手を
  持って、もう一段上へ引き伸ばす事ができます。カチッと音がする
  ストッパーがきく所まで伸ばします。

  また、壁などに設置されているアームもあります。

 ?緩降機の取り付け
   緩降機を?のアームに設置します。アームの先には吊環があり、
  その部分に調速器(速度を調整する部分、最も重い所です)の先の
  フックを取り付けます。


 ?リールの投下
   まず、緩降機は二人が降りれる構造(ケーブルカーみたいな感じ)
  となっており着用具が二つついています。調速機という速度を調整
  する重い部分からロープが二本出ていて、それぞれ二つの着用具に
  繋がっています。

  片方は、調速機からロープが出てすぐの所に着用具がついていて、
  もう片方のロープはリールという輪型のプラスチックに長いロープと
  その先の着用具が巻かれています。

  リールを下に投下すると、ロープが伸び着用具が巻かれたリールが
  地面付近に到達します。
   →リールが地面付近に到達された事を必ず確認が必要です。
   (±50cm)仮にリールが途中で宙ぶらりんとなっている際に
    は、ロープが短いか、もしくは実際に着用する側のロープが
   長くなっている可能性があります。前述の場合には降下の際に
   宙ぶらりんとなりますし、後述の場合にはそのまま着用して
   降下すると、調速器が効きはじめる付近までは重力の通りダイブ
   する羽目になります。

 ?着用具の装着
   着用具を胴部に装着します。ベルトは降下時に自動で閉まります
  が、当然ながら心配ですので、自分でロープを引っ張って体部分に
  閉めて下さい。
   →この装着も注意が必要です。自分はちょっと悩んでしまいました。
    言葉で説明は少し難しいですが図を見るようにして下さい。
    着用具を頭からかぶり両腕を出して脇にはさむような感じです
    装着後のイメージとしてはブラジャー(肩紐無し)の胸の
    真ん中からロープが伸びているような感じでしょうか?
    んーちょっと違うか。。

 ?降下
   さて、降下ですが調速器から出ている2本のロープを持って
  ベランダを乗り越え外に出て、ロープを離して降下します。
   →自分の降下体験を詳細に書きますと、2本のロープを両手で
    持ちながらベランダの上に建物側を見ながらしゃがみ立ちし、
    そこから体を外に重心を移します。
    
    この時点では外に重心がかかっていますが、ベランダにかけて
    いる両足とロープを持っている両手で踏ん張っている状態です。
    この状態で足を少しずつベランダの上から壁に移し、後は十字を
    きって両手を離します。
     →この際に思いきり悪く両手を離せないと大変な事になります。
      体の重力に手の力が負けずるずると落ちたら手のひらが
      さあ大変!

 ?着地
   手を離すまでが勝負で降下時は緩く降りるので怖くありません。
   あとは降りていく際に建物の壁や障害物などに巻き込まれないよう
   気をつけて降り着地するのみです。

だいぶ長くなってしまいましたが、使い方さえ間違えなければ
十分、避難器具として使用可能です。ですがご老人や子供さんは
かなり厳しそうですね。


防犯・防災カテゴリにて四位浮上
(37ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
2007年初クリックよろしくお願いします!!!
ブログランキング

年末の大掃除

 皆さん、年末は大掃除しましたでしょうか?
こちらは少し大掃除しましたが、机の上の
書類の整理などに時間を費やし、点検道具等の
整理はほとんどできませんでした。

点検道具といえば、消火器の詰替場に置いていたプライヤーが
粉末のせいで動かなくなっていました。油をくれたり叩いたり
と頑張ったのですがビクともしません。んーー残念。

道具って必要でないときに、いくらでもあるのに、いざ必要な
時にどこかへいってしまって見つからなかったり大変です。
ネジ関係や消火器の部品関係など細かいものも定期的に整理
しないと、いざという時に出てこなくなります。今年の目標の
1つに整理する事を挙げておきたいと思います。

さて、大掃除で書類の山に眠っていた東芝ライテック様の
誘導灯のパンフレットがたくさん出てきました。前に一度見て
忘れていました。消防設備点検業者様向けに誘導灯対象製品の
情報提供にて無料修理完了時には1台あたり3000円の
お礼をお支払いするとの事。大型・薄型の誘導灯にて、引き輪が
三角である事がポイントだそうです。
http://www.tlt.co.jp/tlt/kokuchi/yudou/eq_check/eq_check.htm

結構、誘導灯は点検してきましたが上記のような誘導灯も
見かけたような気がします。寿命末期に極めて稀に発火の可能性
があるとの事ですが消防設備が火事を引き起こしては大変です。
期間は2007年6月30日までなので、注意して
点検していきたいと思います。

誘導灯の点検といえば、年末には手伝い先にて開けてびっくりカナブン
が十匹近くと粉末の山でした。吸い込まないように雑巾と携帯用の
掃除機で掃除しました。ドリルのバッテリで動く携帯用の掃除機を
お借りしたのですが結構使えますね。欲しいです。


防犯・防災カテゴリにて三位浮上
(37ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
2007年初クリックよろしくお願いします!!!
ブログランキング

あけましておめでとうございます!

 あけましておめでとうございます。
今年も消防設備士として皆様に安全をお届けできるよう
精進していきたいと思います。

ブログも変な事はあまり書かないよう、かつ様々な分野の
方々と交流できる事を望みつつ継続していきますので
今年も変わらず温かい目で見守っていただければ幸いです。

さて、昨年末に受験した甲3ですが無事合格する事が
できました。消防設備士の試験では最近から正答率が
はがきに表示されるようになりました。
自分の正答率は、

 法令    80%
  
 基礎知識  40%

 構造・機能 65%

 筆記全体  64%

 実技士試験 68%

で思ったとおりぎりぎりのラインでの合格でした。
実技は鑑別と製図で分かれているのですが、別々で
6割の正答率が必要かと思っていましたが、そうでは
ないようです。~が40%なのでぎりぎり助かりました。

今年は残りの甲2とできれば電気工事士にチャレンジ
したいと思いますが、それはそれとして見かけの資格で
なく消防設備士として中身を伴えるよう経験を積んで
いきたいです。点検全般、問題発生時の対応能力や
レイアウト変更などによる設計全般もできるよう
携わった仕事から吸収できればと思います。


防犯・防災カテゴリにて六位転落(泣)
(37ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
2007年初クリックよろしくお願いします!!!
ブログランキング
プロフィール

umeum0917

Author:umeum0917
消防設備士となってはや10年、社長の急死から1年、

新社長となり経営に目覚め会社を大きくするのか??
はたまた現場を忘れず技術研鑽を忘れず消防設備士として
頑張っていくのか??

ブログサービスを変更し新規一転、ブログ更新を忘れず
会社運営していきます!

私の会社を作っていくのはブログを見ているそこのあなた!
かもしれませんね(笑)

最新記事
消防設備士のためのネットshop
ネットSHOP
↑消防設備点検に使用する点検器具をメインで販売しています。
リンク
最新コメント
カテゴリ
東京・埼玉の消防点検なら
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。