FC2ブログ
埼玉県所沢市にて消防設備業を営んでいます。見積相談無料。E-mail:info@tama-eikou.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防排煙設備の点検作業

 更新遅れてすみません。。先日、公共施設の
事務所ビルやデパート等、大きな防火対象物の
点検手伝いの要員に呼んで頂ける機会がありました。
大きな防火対象物では防排煙設備の占める割合が大きい
かと思います。

防火設備では防火戸、防火シャッター、防火ダンパー、
防煙垂れ壁、排煙設備では排煙口、排煙機の起動等です。

自火報と比べても種類が様々でかつ見つけるのも困難だったりと、
かなりの経験の問われてくる設備かと思います。また、受信機に
1人、あぶりや通行人の誘導に1人、防排煙設備の停止に1人と
最低でも3人の人員で実施するのが望ましいです。最近では新潟での
防火シャッター事故があったりと人災になる危険がある設備でもあり
とても注意が必要な点検と思います。

防火戸では煙感知器の作動等により、防火戸が作動して全閉するか
どうかの確認をします。火事の際に作動して全閉しないと煙や炎の
遮断ができません。全閉できない場合の原因として、物が置いてあったり
床すりや天井すり、ラッチ不良、ヒンジ不良など様々です。
あまり防火戸を閉めたりしていないと、防火戸の裏に物凄い埃が
溜まっていたりするので点検では掃除屋と化してしまいます。
動作が堅い場合にはCRCを注入するだけで直ったりもします。

防火戸は比較的楽ですが、シャッター、ダンパーは大変なようです。
シャッターは巻き上げが手動ですと復旧に時間がかかりますし、
ダンパーは場所を探すのに苦労します。復旧が大変で作動すると
大事だったりするのに簡単に受信機操作で遠隔で落とせたり
するのも怖いです

大きな現場で図面と照らし合わし機敏に点検をこなすようになる
までは経験が必要だと痛感しました。写真は排煙設備の
手動起動箱です。


防犯・防災カテゴリにて3位浮上!
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング
スポンサーサイト

【消防設備紹介】誘導灯の維持管理とリニューアルの薦め

 半年ぶりの消防設備紹介で第4回目です。

少しずつ消防設備業者以外の 防火対象物
オーナー様にも見て頂けるようなブログに
すべく、消防設備を紹介していく予定でしたが
読者層がやはり消防設備業の方が多いためか
なかなか記事を書いていませんでした。

少しずつですが、一般の方にもわかりやすく消防設備を
紹介できればと思います。

さて、誘導灯ですが緑色のバックに白抜きで人が逃げるマークのものを
避難口誘導灯、逆に白色をバックに緑色で人が逃げるマークと避難口を
示す矢印があるものを通路誘導灯といいます。写真は避難口誘導灯に
なります。

誘導灯は基本的にいつでも避難口がわかるように24時間点灯している
必要があります。また、誘導灯がある避難口に物などが置いてあり避難が
できないと意味がありません。また、停電の際にも点灯が継続できるよう
にバッテリを搭載する事が消防法により定められております。

誘導灯のバッテリは8年~13年くらいで寿命になると伝え聞いており
ます。バッテリの試験は紐などを引っ張る事により点検ができます。
紐を引っ張った状態では常用電源からバッテリに切り替わるので、
その状態で点灯している必要があります。

バッテリによっては20年ぐらい経過しても点灯する場合もありますが、
実際にはバッテリに切り替わった状態にて20分以上、照度が保たれる
必要がありますので早い時期にリニューアルされる事をお勧めします。

さて、最近の誘導灯は高輝度タイプが主流です。このタイプは、昔の
タイプに比べかなり省電力となっていますのでバッテリ寿命の際には、
バッテリ交換でなく器具ごと交換する事をお薦めします。

4F建の雑居ビルに、片面のB級(旧中型)誘導灯、
両面のB級(旧中型)誘導灯が4台ずつ設置されていたとします。

<従来のタイプ>

 1年間×184W×21円/kwh=33,849円

<高輝度タイプ> 

 1年間×62W×21円/kwh=11,479円

 ※年間で、22,370円の電気代削減

将来積み重ねる電気代を考えれば、間違いなく器具ごと
交換する事が望ましい事がわかります。


防犯・防災カテゴリにて3位浮上!
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

居住者とのやり取りについて

 最近、居住者様とのやり取りでイライラする事が
多々ありました。やはり性格の問題もあるせいか、
口論となると、かなり凹みます。頑張って笑顔で
相手に理解頂こうと誠意を見せても、相手の気持ちを
察してうまい言葉を返せなったり、内心では相当怒って
いると頑張って笑顔を作っても強張ってしまいます

皆様はどのようにうまくやり取りされております
でしょうか?

マンション等の点検の場合、点検が居住者に浸透しているため、
不審に思われる事も少なく、また拒否される場合にはその旨を
管理会社やオーナ様に伝え無理して点検をしない事が多いかと
思います。「また来たのかよ。うぜぇ!」とか言われると
口論しなくても疲れてしまいますが。。

ところが、アパート等の住宅用火災警報器設置の場合、
自動火災報知設備がついてないわけですから、ほとんどの
居住者が他人を部屋に入れる事自体がかなり稀なケースに
なってきますので、やはり皆様、抵抗があるようです。

かといって、おめおめと引き下がると設置できなくて
仕事が完了できないわけで、こちらも必死です。当然
設置個数が1個減れば仕事が完了とならないわけですし
完了とならなくてもオーナ様が納得頂ければお金に
なりますが、それでもその個数分、売上は減ってしまうので
点検とは違います。

手順としては、お知らせを作成して1週前に掲示と同時に
各戸へ訪問しできればお知らせを手渡しします。
お会いできた際には、当日いるかどうか確認し、不在の際には
別の都合よい日時を決めます。

チラシは各扉に郵便受けがあれば、そちらに入れ
無い場合はポストになるんですがポストだと見て頂けない
可能性が高くなります。特に1ルームタイプのアパート
だとチラシがそのままのケースがよくあり、当日訪問して
チラシがそのままだとがっかりです。

設置当日は、1回りしたあと車で待機したりします。
居留守もよくあり、ピンポンを押して声をかけると
ガチャっと逆に鍵をかけられたりすると悲しくなりますね。
以下、車待機中、戻ってきた入居者とのやり取りです

「すみません、こちらの入居の方でしょうか?」

「そうですが」

「本日、お知らせしておりました住宅用火災警報器の設置にお伺い
したんですが5分で終わりますので設置させて頂きたいのですが」

「そんな話、管理から聞いてないんだけど」

「すみません、1週前にお知らせをお配りして、このように
掲示もさせて頂いているんですが。」

「・・・」

「今日でなくとも都合のよい日時で構いませんが
お願い出来ますでしょうか?」

「管理から直接聞いた訳じゃないし信用できないんだけど」

管理からお借りした入居者一覧を見せ
「このように依頼されているんですけど」

「っていうか最近、変な事件多いじゃないですか。」

「わかりました。それでは管理の方からご連絡差し上げますけど
何号室の方ですか?」

「え?それって言わなければいけないんですかね」

「あの~不在の方の件数が多いんで、全ての方に電話すると
大変だと思いますので教えて頂ければ助かるのですが」

「・・・・・・・・」

「わかりました。それでは失礼します。」

と引き下がりました。相手の態度等もあり、だいぶ
精神的にやられました。

後から考えると、何も知らない状況でいきなり声を
かけられたらそのような対応にもなるかな?と思います。
しかし、こちらとしては、住警器の営業した手前、なるべく
管理の手を煩わす事なく仕事を進めたいですし、穴だらけで
設置なんかして仕事を残したくないですし気が滅入ります。

画像はヤマト社製の煙式住宅用火災警報器けむピーです。
下は住警器に記載されている機能です。

 監視 :36秒毎に表示灯が光ります。
 警報 :断続音と同時に表示灯が点滅します。
 電池切:36秒毎に表示灯が光り同時にピッと音が鳴ります。
 異常 :16秒毎にピッという音と表示灯の点灯が交互に発生します。


防犯・防災カテゴリにて5位転落(涙)
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

点検他、各種作業について

 年度末の三月も終わり仕事もやや落ち着いて
参りました。四月は三月にできなかった改修分の
見積結果問い合わせ→受注後の改修作業の準備など
しております。その他、点検表や請求書など
途中段階のものもまだあるので、早く終わらせて
すっきり身軽な状態にしたいものです。

さて非常警報のバッテリ不良ではBG7013の本体型番が、
充電装置不良の型番にヒットし器具不良で本体毎交換となり
ました。露出タイプはそのまま新型番で交換可能ですが、
埋込タイプは埋込用のプレートなどが無いと設置できない
タイプもあるようで注意が必要です。
なぜか他の器具と比べ非常警報は卸値の割合がだいぶ高いので
びっくりです。最近、改修はご無沙汰なので若干心配ですが
無事工事できればと思います。

また、4F建ての共同住宅への避難器具の設置では
収容人員をふまえると設置義務が無いのですが、建物の構造
から設置する事に致しました。費用面をふまえ4Fには金属製
避難はしご8号、3Fには3F用の避難ロープを発注しました
(消防法に反しますが)設置の際には降下を予定していますが
無事降下できればと思います。

また最近、工場・レストラン・スーパー・ゴルフ店などの
点検で天井裏や小屋裏の感知器を炙る機会が多いです。
点検口から届く感知器は良いのですが、遠い所にあったり
点検口が無かったり。皆様はどうしてますでしょうか?
天井を壊したり、埃やアスベストで商品を汚しかねない
ですし無理しないに越した事は無いのでしょうか?
でもアパートの天井裏にて数回、差動の誤報経験あり
ある程度、場所だけでも認識しておかないと保守できない
ですよね。。悩みの種です。

写真は消火水槽の満減水の電極棒と押さえになります。


防犯・防災カテゴリにて5位転落(涙)
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング
プロフィール

umeum0917

Author:umeum0917
消防設備士となってはや10年、社長の急死から1年、

新社長となり経営に目覚め会社を大きくするのか??
はたまた現場を忘れず技術研鑽を忘れず消防設備士として
頑張っていくのか??

ブログサービスを変更し新規一転、ブログ更新を忘れず
会社運営していきます!

私の会社を作っていくのはブログを見ているそこのあなた!
かもしれませんね(笑)

最新記事
消防設備士のためのネットshop
ネットSHOP
↑消防設備点検に使用する点検器具をメインで販売しています。
リンク
最新コメント
カテゴリ
東京・埼玉の消防点検なら
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。