FC2ブログ
埼玉県所沢市にて消防設備業を営んでいます。見積相談無料。E-mail:info@tama-eikou.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲種二類、泡消火設備の試験勉強

甲2の受験日が迫ってきました。
やっと本腰を入れて勉強開始しましたが、
集中力が続かない。。

泡消火設備は点検の手伝いで、数回拝見した事が
あります。消防設備の中では、かなりマイナーな部類で
点検した事の無い消防設備士も多いのではないでしょうか。

放出試験も経験ありますが、イメージとしては
消火栓ポンプの吐き出し側から管が分岐して、
泡タンクがあり、また配管に戻っていたような。
あとは泡ヘッドと手動起動弁と一斉開放弁を覚えています。

さて勉強を始めると、まず消火薬剤の混合方式が
6種類ありますが、いつも見ているタイプがどれに
当てはまるのか。プレッシャープロポーショナー式
という方式なんでしょうか。

資格の勉強は、一般的な設備と滅多に見ない設備とが
同じレベルで表記され試験も同じ位の頻度で出るんです。
もう少し重要度を考慮して参考書、試験を作ってもらい
たいですね。

乙6でハロゲン系の消火器の知識をいくら勉強しても、
仕事の中で知識が日の目を見る前に忘れ去られるのと
同じですね。

泡消火設備の勉強では、まだまだいろいろ覚える事
だらけです。電気の三相構造が全くわかってないのと
泡の溶液や混合方式、仕組について法令では危険物関連が
出るようです。点検ではポンプ部分は1類アンド実践にて
なんとか行けそうですが泡消火設備の貯蔵庫関連と構造を
しっかり理解しないと。鑑別は配管関連の名前を覚えて、
泡消火設備の構造や泡の発泡倍率の試験方法などを覚えれば
いけそうですが問題は製図です。おそらく、揚てい計算?と
泡の全体的な構造の問題あたりが出るでしょう。

写真は先日点検した避難ハッチの不良写真です。
ここまで行くと避難用として使用できないだけでなく
建物としてもハッチからの水の浸入で事故が起こり
かねないので早急な改修が必要な状態でした。

↓↓定番ですが、お薦め問題集です。自分もほぼ、これ1冊で合格しました!!↓↓
2類消防設備士完全対策

2類消防設備士完全対策

価格:2,415円(税込、送料別)



防犯・防災カテゴリにて2位上昇↑1位ははるか彼方ですから
2位キープを目指します。
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング
スポンサーサイト

避難はしご点検後の改修について

10月も後半に入りだいぶ寒く
なって参りました。
作業着の選択にも迷う時期ですね。

先日の避難ハッチの点検では梯子下に
室外機があり降ろすと完全にぶつかる
位置となっていました。
避難ハッチの点検ではよくある話かと思います。
皆さんはどのように点検後の対応をされて
いますでしょうか?

通常の点検ではさらりと説明し、点検表に記載するんですが、
元請として消防までの提出を考えた場合×で出すと、やれ改修計画
はどうする?となりややこしくなってきます。

今回は前回、室外機が1件あったんですが、さらりと説明し
○で出しましたが1年経過したら室外機で×の部屋が2つに
増えたため予防の観点からも解決策を考えていこうかと思いました。

そのマンションでは室外機は避難はしごとは別の場所に
各戸設置されているのですが、もう一つ設置する場合には
各戸の入居者個人での設置となっています。

しかしながら、壁には二台目増設用の穴(クーラと室外機を繋ぐ排気
パイプ?を通す穴)がちょうど避難ハッチの真下に開いているのです。

以下、その際の会話ニュアンスです。

点検時
 私「避難はしごを降ろす際に梯子がぶつかるので、火災時の
   降下はなんとか可能かもしれませんが、梯子を落とす
   衝撃で室外機と梯子を壊す恐れがありますから室外機を
   移動して欲しいのですが、こちらはどなたが設置されましたか?」

 入居者「うちで業者に頼んで設置しましたけど、この壁の穴が
     避難ハッチの真下に元々あるわけですから、通常ここに設置
     するもんじゃないですかね~」

 確かに、その場所以外に室外機を設置するとなると、パイプを相当
 伸ばす必要があり別途工事となりそうでした。

 私「わかりました、ちょっと管理会社と相談してみます」

           ・
           ・

 私「×0△号室と×0□号室は避難はしごが室外機に当たるんですが
   穴がちょうど梯子の真下にあるんですよね、見て頂けますか?」

 管理会社「わかりました。このままだと消防法の書類通らないん
      ですよね?」

 私「消防は基本的には消防設備士の書類で判断しますから
   うちが○で出せば通りますけど、立入検査があってこの
   梯子を降ろした所を見れば間違いなく×にするでしょう」

 管理会社「工事費って大家さんが出してくれますかね~?」


 私「さあどうでしょうか。。」

 管理会社「新たな入居者には室外機の設置場所について説明する
      ようにしますし、うちからも入居者には一応、移動の
      お願いしてみます」


オーナ様へ状況を説明
 私「×で出すと消防が早急に改修しろとうるさいですから
   一応、今回は○で出しますけど問題がある事は認識しておいて
   下さい。」

 オーナ「はしご降ろしたら室外機にぶつかってしまうんですよね、
     管理会社に任せてるんで説明して置いて下さい」

よく防火対象物の関係者という言葉があります。入居者・管理者・オーナ
が協力して防火管理を行う必要があります等と言いますが、現状は誰が
金を出すのかと言う話になるとややこしいです。

我々消防設備士が不良無しとなるように防火対象物の関係者に深入りし
誘導していかないといつまでたっても不良は不良のままとなるんですね。
かといって防火対象物の関係者の間に入って誘導するのには相当の
労力も要ります。

常に×で出して改修計画をもらい、オーナや管理に渡して誘導するのも
良いですが、ちょっと不親切というか強引な気もします。
なかなか難しい問題ですね。

写真は先日、手伝い先にて点検しました防火ダンパーです。
火災が発生し感知器が発報すると自動で冷暖房、換気の風道を
遮断します。消防法でなく建築基準法にて冷暖房、換気の風道が
防火区画を貫通する部分に設置する義務があるようです。

防犯・防災カテゴリにて2位上昇↑1位ははるか彼方ですから
2位キープを目指します。
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

防火管理のサポート

 最近、消防の立入検査のため
防火管理に関する様々な
書類作成に追われています。

消防による査察の結果として
・防火対象物使用開始届未届
・消防設備各種設置届未届、
・消防計画作成(変更)届未届
・防火管理者選任(解任)届未届
・共同防火管理協議事項未届
・住宅用火災警報器未設置
・消防用設備点検の未実施

etcです。

消防点検や住警器設置以外の防火管理については出来る限り
防火対象物の関係者に作成頂きたい所なのですが、状況に
よってなかなか難しい状況も多々あり我々業者が作成し
届出をする事も多々あります。
まずは改修(計画)報告書にて立入検査の項目に対し
いつ改修するかの計画を提出します。

防火対象物使用開始届では基本的に建物を新築した際に
建設業者等で消防に申請を出すものと思われますが、
消防への申請を出さず何年も使用しているケースがあります。

先日、防火対象物使用開始届未届との事で防火対象物使用開始届の
表紙と簡易図面(平面図と所在地)を作成して消防に提出した所、
まともな図面を出してくれと最初は却下されましたが20年も前の
物件のため正確な図面が無いとの事でなんとか受理して頂きました。

こちらから言わしてもらえば消防設備点検の書類はずっと3年毎に
届出しているのに今更、使用開始届なんて言ってくるなよと。
消防のシステムが発達していれば直ぐにでもわかるはずなのに。

また、防火管理者選任(解任)届未届の提出では防火管理者の
終了証のコピーをつけてくれと言われ再度提出に行きました。
言われてみれば納得ですがなにぶん初めての提出なんですが、
前回、改修(計画)報告書を提出した際に確か表紙一枚記入して
出せば良いですか?と聞いたらそうだと答えたはずなんですが。。

消防計画の作成では内容についてどうしても試行錯誤する
必要があります。

共同住宅の場合には共同住宅用というフォーマットもありますが
よくわからなかったので小規模にて作成し、居住者の名前を出して
作成するのも難儀なため救護係、避難係、通報係、消火係などを
101~103居住者等と振り分けしました。

実際に、居住者の方達の意思統一をするのは、管理人室があり管理人が
在室されているようなマンションでは、管理人によってしっかりと
消防計画もされるべきと思いますが、それより規模の小さな共同住宅
(収容人員50人ぎりぎり超えたくらい)では中々難しいものがあると
思います。一年に一度の消防設備点検にて予算取りしてもらい、訓練の
時間を設ける位しかなさそうです。

消防計画について言えばあとは広域避難場所の指定や
避難経路、消防設備設置図などの作成です。小規模や中規模
等などのフォーマットがありますが、それは参考にして
それぞれの防火対象物にあった消防計画を作成すれば
良いらしいです。

防犯・防災カテゴリにて3位下降↓1位ははるか彼方ですから
2位キープを目指します。
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

日々の点検作業各種

 10月に入りめっきり秋らしく
なって点検のしやすい時期になって
参りました。

さて、例によって日々の点検作業の中で
感じた事や気づいた事、勉強した事などを
書き留めていきたいと思います。

先日の点検作業手伝いでは受信機に1日
受信機に張り付きでした。受信機作業でも
目新しい事がいくつかありました。

ホーチキのP型1級20回線の受信機でしたが、火災試験にて
地区ベルの鳴動を確認しようとした所、鳴動しませんでした。
通常の作動試験では鳴動しますので、受信機によって火災試験で
は鳴動しないような仕組みになっているようです。

また、受信機の扉の裏側に一括連動停止ボタンがあります。
こちらの連動を停止側にすると地区ベル停止ボタンや
主音響停止ボタンが効かなくなり停止のままとなります。

屋上の補助水槽の減水警報が受信機に表示される仕組みと
なっておりましたが、減水が通常に戻っても復旧されません
でした。ポンプ室の盤にて減水警報が保持される仕組みの
ようです。

従って、通常運用時に台風や地震などで何らかの減水警報が
出た場合には受信機だけで復旧できませんのでポンプ室の
警報盤での復旧方法を防火対象物の管理者に教育しておく
必要がありますね。

誘導灯信号装置では火災時のフラッシュを制御する装置
と思っていましたが、それだけでなく建物内が無人になる
際に電気代削減のために誘導灯を消す事ができる装置です。
火災発生の際には自動で誘導灯が点灯する仕組みですので
可能であれば消灯状態にて火災発生で点灯するかどうか
点検が必要ですね。

またガス漏れ火災警報器を点検する際にはガス遮断弁が
無いかどうか必ず確認が必要です。ガス遮断弁がある際には
ガス漏れ火災警報器が作動すると自動でガス漏れ遮断弁が
遮断するはずです。

必ず点検後には遮断ボタンもしくは復旧ボタン?にて
ガス漏れ遮断弁を点検前と同じ状態に戻しておく必要があります。

写真は消防用水のマンホールを空ける様子です。
水が入っているかどうかの確認になります。専用の
プライヤーや縄などで開けます。

防犯・防災カテゴリにて3位下降↓1位ははるか彼方ですから
2位キープを目指します。
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

消防設備業の工数管理について

 本ブログには消防設備士として
勤務されている方々に見て頂いている
事かと思いますが、皆さんにお聞きしたい
のですが、皆さんの会社では工数管理を
行っていますでしょうか?消防設備業では
行うのが一般的なのかどうか知りたいです。

前職のシステムエンジニアでは工数管理を行うのが
一般的でした。システムエンジニアの場合、あるシステムを
構築するという仕事が大抵、新しいものを作り上げる
という仕事であったため、そのシステムを作り上げるのに
要した時間を常に管理していないと、大赤字となって
しまいます。

工数管理では、月初に前月の働いた時間を、何の物件に何時間を
費やしたかを算出します。
当然、各物件の見積から時間は算出されるので それをオーバしては
ならないですし、複数人で案件を担当している場合は工数を
分け合います。

そのような管理をすると、各担当毎の実務量が数値として表れて
きます。営業からひっぱりだこのSEは工数が多くなりますし、
品質の悪いシステムを構築するSEは納品後の障害に追われ
実工数の仕事が消化できなくなり、工数が減ってしまいます。

従って各担当ごとに工数の消化量が判断でき、またグループを
取りまとめる主任チーム単位に力がはっきり出ます。

さて、消防設備業でも上記のような管理が必要な気がします。
特に工事では必要かもしれません。なかなか、消防設備業の
場合は細かくて何にどれだけの時間を費やしたのかを把握する
のは大変だと思いますが、ちょっと考えていってみたいと
思います。

工数管理では、工事・点検・書類作成に費やした時間を管理すべきと
思います。各社の考えとして、物品での儲けを考慮して点検費を
算出するetcあると思いますが、消火器などの物品の納品による儲けは
別物として管理すべきと思います。あくまで納品にかかった時間を
工数管理するだけです。

細かい物件の点検ばかりですと工数管理は難しそうです。
実際の点検は数分でも、移動時間が大きく左右してきますので
どのようにうまく現場を組み合わせるかが焦点になってきます。
1日のうち現場時間は1時間もなくほとんど車に乗っていたなんて
日はもったいないなとつくづく感じますね。

写真はホーチキ受信機の火災断定ボタンの説明です。
久々に見たんで忘れてましたが恐ろしいボタンです。
点検で受信機ついて間違って押してしまわないように
気をつけましょう。

防犯・防災カテゴリにて3位下降↓1位ははるか彼方ですから
2位キープを目指します。
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング
プロフィール

umeum0917

Author:umeum0917
消防設備士となってはや10年、社長の急死から1年、

新社長となり経営に目覚め会社を大きくするのか??
はたまた現場を忘れず技術研鑽を忘れず消防設備士として
頑張っていくのか??

ブログサービスを変更し新規一転、ブログ更新を忘れず
会社運営していきます!

私の会社を作っていくのはブログを見ているそこのあなた!
かもしれませんね(笑)

最新記事
消防設備士のためのネットshop
ネットSHOP
↑消防設備点検に使用する点検器具をメインで販売しています。
リンク
最新コメント
カテゴリ
東京・埼玉の消防点検なら
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。