FC2ブログ
埼玉県所沢市にて消防設備業を営んでいます。見積相談無料。E-mail:info@tama-eikou.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各種点検及び業務についての雑記

最近はだいぶ暑くなって今日は久々のいい天気です。
これから梅雨にはなりますが、ガソリンも高くなって
きましたし本気で住宅用火災警報器の1個2個の設置の際には
ホンダScoopyに脚立を乗せて作業しようかと考えてます。
都合がつかず、別の日時で1件行く位なら格好悪くてもいいかなと。。

とうとう電工試験1週間前になってしまいました。言い訳ですが、
余裕なく勉強してないんです。。今日、ブログ書いてダービー見て
からやろうかと思ってますが果たして。。

さて特にめぼしい話題もないので例によって
日々の点検や業務から気づいた事や感じた事、勉強になった事
などを書いていきたいと思います。

先日、消防署へ点検結果報告書を提出にいったところ受理して
頂けませんでした。見るなり「受理できない」と即答されて
しまいました。原因は床面積と延べ面積が未記入のためでした。
今までは面積を記入していないと、どこの消防署でもグチグチ
言われたものの受理はしてもらえたんですが、台帳を探しもせず
即答されてしまい唖然としました。

わざわざ遠くまで来たというのに。。最近はなんかうるさい
らしいです。おそらく正式図面は無いと思うので帰って各所帯の
平米からおおよその値を算出する事としました。

この前の点検では初めてダクト消火の点検を自分で行いました。
スイッチを点検側に倒し、イニシエータという線を外して
手動起動装置を押しても起動しないようにしてから、手動起動装置
を押しました。受信機への表示、ガス遮断弁の遮断、空調機の停止を
確認しました。どうやら皿の洗浄機もガスで動いているらしく
動かなくなってしまいましたが、すぐにガス遮断弁を元に戻し
事なきを得ました。

住宅用火災警報器はついに6月を向かえ埼玉では設置期限終了です。
果たしてこの1ヶ月に消防による啓蒙活動が盛んであったようには
思えないのですが、これから先どのような動きを消防が見せていくのか
が注目です。

防犯・防災カテゴリにて3位ダウン↓
また定位置2位の維持に向け皆様のクリックお願いします
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

※過去記事の一部にパスワードを設けております。
過去記事を拝読したい方は別途メール(info@tama-eikou.com)
宛てにご連絡下さい。パスワードを返信致します。
スポンサーサイト

誘導灯の発注作業ほか

 5月になり暑くなってきて今日も汗をかいて
点検をしておりました。この時期は谷間の時期で
暇な事が多いのですが、住警器の設置期限が
せまっている事もあり、それなりに忙しくしております。
電工二種の勉強が全く進んでなくて三週間をきり気が重い
です。年一回の試験に連敗はなんとしても避けないと。。

先日実施した誘導灯の改修工事では発注作業にだいぶ苦労しました。

従来型か高輝度か、大きさはC級かB級かA級なのか。B級でも
B級BL型とB級BH型で金額が大きく異なります。BLが中型
BHが大型の部類です。そして通路誘導灯なのか、避難口誘導灯なのか

またパネルの問題もあります。片面か両面なのか。パネルの向きは
左矢印か右矢印か両矢印なのか。通路誘導灯は矢印付きだが、避難口
誘導灯でも矢印付きのパネルがあります。パネルは別型番にて発注
です。両面で矢印付きの場合は左向きと右向きの両方の型番を
発注する必要があります。避難口誘導灯の矢印の無いパネルでも
人間の向きがあるので気にする方もいるかもしれません。

また、設置方法として、まず埋込式なのか露出なのか。露出であれば
壁付けなのか、天井直付なのか吊下げなのか。また、旧誘導灯を外した
際の跡をどうするか?そのままで良いかベンキ等を塗るのか、もしくは
リニューアルプレートで隠すのか。リニューアルプレートの場合もまた
天井直付け用のリニューアルプレートと壁付け用のリニューアルプレート
があり注意が必要です。

また、埋込式の場合は誘導灯に限らず要注意です。新しい型番が
古い型番の後継型であれば間違いないですが、それ以外の別のメーカ等の
場合は、たとえ縦・横・奥行きなどの寸法がほとんど一緒でも注意が
必要です。新しい型のほうが旧型より小さいのであれば、何かしらの
プレートをホームセンター等で購入しうまく繰りぬいて設置する方法で
何とかしのげます。しかし縦・横・奥行きで少しでも大きい寸法があると
発注し直しになります。

それにしても高輝度はホントにコンパクトで見た目いいですね。
よく馬鹿でかいA型の誘導灯がパネルがヒビ入っていたり黒ずんで
いたりしますが、省電力を考慮しても高輝度に早急に代えたほうが
見た目的にもいいと思いました。

いずれにしても見積・発注時には十分に現場調査をした上で行うのが
重要である事を痛感致しました。

写真は昔の旧型の通路誘導灯です。停電時にはバッテリにて豆電球が
働きます。電球はそこいらではあまり売ってない6Wの球です。

防犯・防災カテゴリにて3位ダウン↓
また定位置2位の維持に向け皆様のクリックお願いします
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

※過去記事の一部にパスワードを設けております。
過去記事を拝読したい方は別途メール(info@tama-eikou.com)
宛てにご連絡下さい。パスワードを返信致します。

【消防設備紹介】防排煙設備の紹介

 5月というのに寒い日が続いて
おります。体調を崩しかねないので
点検等の外作業の際には上着を
忘れないようにしたいものです。

さて半年ぶりの消防設備紹介第9回目です。
今回は防排煙設備について紹介していきたい
と思います。防排煙設備は防火設備と排煙設備
に分かれています。

防火設備は厳密に言うと消防設備ではなく
建築設備となるため消防設備の点検義務はありませんが、
消防設備と非常に密接な設備であり、消防設備点検の際に一緒に点検する
のが通例となっています。

また排煙機のある排煙設備では、消防設備点検及び報告の義務があります。手動のボタンを押して排煙窓が開くだけの設備は建築設備であり消防設備
点検の義務はありません。

防火設備の種類として防火扉(防火ドア)、防火シャッター、防火
ダンパー、垂れ壁などがあります。これらは自動火災報知設備との
連動制御盤もしくは単独の防排煙設備受信機が存在します。
(温度ヒューズ型防火扉など存在しない場合もあります。)
また排煙設備としては排煙口と排煙機です。

防火設備に関しては三種光電式スポット型煙感知器と連動して作動する
タイプがほとんどではないでしょうか。またシャッター等は手動起動装置
がたいてい近くにありシャッターを手動で降ろす事が可能です。

排煙設備もまた煙感知器と連動して起動する方法と手動起動装置
(プラスチックを押し割って手前に引くようなタイプが多い)にて
起動する方法があります。作動すると排煙口が開くと同時に排煙機が
回りだして煙を吸い込む仕組みです。

防排煙設備は商業施設など一定規模以上の建物にしかない設備ですが
非常に重要な設備であると同時に建物の管理者が注意を払うべき設備だと
思います。

中でも防火シャッターは要注意設備と言えるでしょう。新潟において
児童が挟まれる防火シャッター事故もありましたが、荷重が強いため、
人間が挟まれれば死傷にいたるのもそうですし、倉庫等の大事な商品が
置いてあれば破損してしまいます。

なにしろ、防火ドアとの違いは防火ドアは閉まっても自らが開けて抜け
出せるのに対し、防火シャッターは一度閉まると復旧しない限り通行が
できない点が問題です。

万が一、煙感知器が虫の混入や埃、水蒸気などで誤作動して防火シャッター
が閉まってしまった際には、早急に常駐の建物管理者や警備の方が復旧
作業を行わなければならないでしょう。我々、消防設備業者の到着を
待っていては業務に支障が出てしまいます。

そのためにも我々業者が設備を十分に把握しているだけでなく建物管理の
方もしっかりと消防設備を把握し、誤報などがあった際にはしっかりと
対応ができるようにしなければならないと思います。

防犯・防災カテゴリにて3位ダウン↓
また定位置2位の維持に向け皆様のクリックお願いします
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

※過去記事の一部にパスワードを設けております。
過去記事を拝読したい方は別途メール(info@tama-eikou.com)
宛てにご連絡下さい。パスワードを返信致します。

消防署と消防設備業者と所有者の関係

 GWも終わり、体も心もだいぶ充電されました。
また気を引き締めて仕事を気合入れて頑張っていきたいと
思っております。

さて自分が勤めた現況の点検等のお得意先ですが、
人の紹介や電話やインターネットからの新規獲得も
ありますが、トータル数で言えば既存顧客の契約解除の
ほうが多いようです。

契約解除の最も多いパターンが防火対象物所有者の代替わり
によるものです。所有者の死去や老化に伴い、子供に名義が
移り、それを機に点検自体を行わなかったり知り合いの業者に
変更するという事が多いです。
また、管理会社を変更した際に所有者が面倒であるため、消防点検も
一括で管理会社に任せてしまい契約解除の方向になる事もあります。

また、消防署の査察により契約を解除となった事もありました。
ある物件では半年前に事前に見積を提示し、消火器を1/3ほど
交換する事となっており予定の日に点検と消火器の交換に訪問した
ところ、

 得意先「前に消防署が来て消火器の本数が多いと言われたんですが」

 私「確かに設置基準から考えれば多いかもしれませんが、こちらの
  建物は以前、消防の査察にて消火器の設置指導があり消防の指導の
  もと消火器の本数を決め設置してます。それからは本数に変更
  ありません。」

 得意先「でも今は消防署が多いと言っているんですから減らして下さい」

 私「今回、ご用意した3Lの強化液消火器は資材置場用でして他に
  使い回しができません。また名前も入れてますし今回は納めさせて
  頂いて、次回以降、古いのから順次減らしていくというのは
  いかがですか?」

 得意先「うちには必要のないものを持ってきてもらっても困る」

 私「消防署に行って話を伺ってきます。内容を確認させて下さい」

 得意先「消防署にケチをつけるようなマネは止めて下さい。消火器納めて
 結構ですが、次回の点検はもう来なくていいですから。」

また、ある物件では
 私「また点検の時期になりましたのでよろしくお願い致します」

 得意先「この前、消防が査察に来てうちは点検しなくていいって
    言ってたからやらなくていいよ。」

 私「いやこちらの物件は150平米をゆうに超えてますから点検の
   義務があるんですよ」

 得意先「消防がやらなくていいって言うんだから必要ないだろ!」

ここは、署にいき事情を説明し再度、査察して所有者に説明してもらい
点検する事になりました。

消防署員さんは査察に来て発した言葉は、我々業者が言う言葉とは
重みが違うんですよね。保守点検はスポットの仕事ではなく定期的な
収入源ですから契約の解除は業者にとって大事な得意先の損失に
つながるんですね。

できれば、今まで定期的に点検を実施していた物件の契約解除に
なるような話は業者に電話して頂いて状況を聞いてから所有者に
お話してもらいたいと思いますが、消防署の方も忙しいですから
そんな余裕は無いかと思います。

防犯・防災カテゴリにて2位アップ!
また定位置2位の維持に向け皆様のクリックお願いします
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

※過去記事の一部にパスワードを設けております。
過去記事を拝読したい方は別途メール(info@tama-eikou.com)
宛てにご連絡下さい。パスワードを返信致します。

電気工事士2種試験勉強開始

 GWに突入し余裕があるため少し
電工2種の勉強を開始しました。できれば
GWのように休みの時に点検して皆が働いて
いる時に休んで遊びに行くのが良いんですが、
なかなかGWは仕事になりません。

電工2種ですが、誘導灯の工事にはやはり
必要なようです。中には甲4があれば工事可能と
言われる方もおりますが入札の仕様などを見ても
電気工事士2種が無いと誘導灯の工事を請けられ
ないようです。

自分は理系でしたが、電気は苦手でした。いまいち電気のイメージが
把握できないのが実状ですが、勉強している本によると、高い位置に
ある水の流れと電気は同じような考えという説明で少し理解できた
気がします。電圧が高い位置=水の位置が高い、大きな川(=抵抗が
低い)には大量の水(=電流)が流れ、細い川(=抵抗が高い)には
少量の水(=電流)が流れる。低い位置まで水が流れると、ポンプ
により高い位置まで水を吸い上げる=電源

また、直流ならまだわかるのですが交流って?という感じです。
正弦波の動き自体が意味不明です。どうして電圧が+になったり
-になったりするのか。参考書を読んでいても、そこいらの説明
はありませんでした。ですが、理解できるところから一つずつ
クリアして何とかわかるようになりたいですね。三相構造(Y結線
や?結線)も未だ意味不明です。まだ序章~一章ですが
やる気だしてGW中に半分以上は終わらせたいですね。

写真は手伝い先で見た減圧弁です。高層の建物ではポンプの力が
強いため、ポンプ付近のホースには減圧弁を設置して圧を下げる
必要があるようです。

防犯・防災カテゴリにて3位ダウン
また定位置2位の維持に向け皆様のクリックお願いします
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

※過去記事の一部にパスワードを設けております。
過去記事を拝読したい方は別途メール(info@tama-eikou.com)
宛てにご連絡下さい。パスワードを返信致します。
プロフィール

umeum0917

Author:umeum0917
消防設備士となってはや10年、社長の急死から1年、

新社長となり経営に目覚め会社を大きくするのか??
はたまた現場を忘れず技術研鑽を忘れず消防設備士として
頑張っていくのか??

ブログサービスを変更し新規一転、ブログ更新を忘れず
会社運営していきます!

私の会社を作っていくのはブログを見ているそこのあなた!
かもしれませんね(笑)

最新記事
消防設備士のためのネットshop
ネットSHOP
↑消防設備点検に使用する点検器具をメインで販売しています。
リンク
最新コメント
カテゴリ
東京・埼玉の消防点検なら
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。