FC2ブログ
埼玉県所沢市にて消防設備業を営んでいます。見積相談無料。E-mail:info@tama-eikou.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【消防設備紹介】避難ハッチ改修の薦め

久々の消防設備紹介、第10回目になります。
今回は避難ハッチ交換の薦めです。いつもは
消防設備士向けの記事ですが今回はオーナ様や利用者様
向けの記事です。

アパートやマンションのベランダ・バルコニーに
設置されている避難ハッチですが築15~20年
より前の避難ハッチは鉄製がほとんどで、雨水による
錆び侵食の影響を受けやすい状況です。

ほおっておくと上蓋や下蓋がが開かなかったり、閉まらなかったり
ハシゴも錆びて伸縮がうまくいかず下への降下ができなかったり
いざという時に使用すべき消防設備が意味のない設備となってしま
います。点検をしていないと、中には避難ハッチの中が鳥の巣になって
いたり埃が積み重なって、いざ開けると大量に下のベランダへ落ちて
惨事になりかねません。

さらにほおっておくと、下蓋、上蓋ともに錆で穴が開き始め、
落下の原因にもなりかねませんし、周りのコンクリートが侵食され
建物自体が痛んでしまいます。

金属製ハシゴについては、昭和50年7月以前に型式承認を受けている
製品は、全て失効となっており平成8年2月が交換期限となっています。
また、現在新設の避難ハッチにつきましては全てステンレス製となって
おりスチール製の避難ハッチは早急に交換する事をお薦めします。

避難ハッチの改修工事は1台、30分~1時間程度で終わります。
手順は以下の通りとなります。

 1.現場調査・寸法測定
  →たいてい型が同じなので全ての避難ハッチを調査せずとも
  型の違う何台かの調査のみで済みます。1台、5分~10分程度
  です。

 2.工事日時の調整
  →住民の方々との工事日時を調整します。できる限り同じ日の
  中で工面して頂ければ楽なんですけど時間がまちまちだったり
  別日なんてなってしまうと費用も検討せざるを得ないですね~

 3.工事-既存の避難ハッチ撤去
  →上蓋、下蓋をサンダーでぶった切ります。音が出て少し火花が
   出るのと、電源をお借りする事になるかもしれません。
   既存の梯子も外します。

 4.工事-新規の避難ハッチ設置
  →寸法測定により発注した上枠プラス上蓋と下枠プラス下蓋をコンク
   リートを間にはさみこむようにして固定していきます。そのあと
   新規の避難はしごを枠に固定します。

 5.降下試験
  →実際に降りて問題が無い事を確かめます。その際に下のベランダ
  に落ちたゴミの掃除などもしていきます。

 6.工事-コーキング作業
  →避難ハッチに水が進入して侵食しないようにハッチの枠と
  コンクリの間をコーキングします。乾くまで2~3日はさわっては
  いけません。

最後に写真ですが、松下の60回線のP型の絶縁を測定してバッテリと
電源を投入したところ「感知器線が断線しています」の表示が出て
空き回線が全て点滅していました。ヒューズでも飛んだのかと全て
のヒューズを調べたのですが問題ありません。時間も無いんで先に
発報試験をすると問題なかったので、あぶりを全てしてから調査を実施
しました。

工事の方に見てもらうと空き回線の渡りが無く抵抗も挟んでなかったんで
空き回線の設定が戻ったんでは?との事でディップスイッチを探したん
ですが特に見当たらず空き回線の登録と設定のレバーがあったので、
それを定位から登録にしてまた戻すと断線表示が消えました。おそらく、
電源とバッテリを抜くだけでそのような状態になるタイプと思われます。
なんとか事なきを得ました。

防犯・防災カテゴリにて2位継続!
また定位置2位の維持に向け皆様のクリックお願いします
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

※過去記事の一部にパスワードを設けております。
過去記事を拝読したい方は別途メール(info@tama-eikou.com)
宛てにご連絡下さい。パスワードを返信致します。

事務処理にアスクル無料カタログは必須です!!
1900円以上で送料無料です。A4コピー用紙はネットで
最も安いんじゃないでしょうか?500枚299円です。
10冊買って送料無料でお願いしています。


スポンサーサイト

各種業務に関して

暖かい日もありましたが、外で点検するには
厳しい日が続いております。自分はいつも作業着の
ズボンは一枚ですが股引きみたいなの探そうかなと。
もうオヤジですね~

例によって業務の中で感じた事や気づいたこと、
勉強になった事を書いていきたいと思います。
先日実施した雑居ビルの点検では、緩降機の降下するちょうど真下に
電線が3本走っており降下障害となっていました。電線は電柱と電柱の
間の電線より建物に引き込まれており、一番近い電柱を見ると管理が
NTTとなっていました。東電の場合もあり、複数表示がある場合は、
そのうち一番下の表示が主管理者とのことです。

それで電柱に記載している電話番号に連絡して詳細を説明すると、心良く
対応して頂き、30cmなら無償で移動可能との事でやってもらう事に
なりました。でも3本中、2本はNTTですが、もう1本は有線との事で
有線は動かせないと言われ、1本残しと中途半端な状態です。移動のあと
点検で見ると、2本は十分に降下空間から外れておりお願いした甲斐が
ありました。1本ならある程度の俊敏性でカバーができそうです。

またこの前、点検にて自火報の絶縁測定をしようとして、いつもの通り
アースチェックをしていた所、アースが取れても良さそうな所をつまんで
いるのに全く針が振れません。良く見ると試験機の接続部と線が断線して
ました&emojiarrow_curvedown;

新たに買うと費用も馬鹿にならないのでなんとか、家に帰って修理しま
した。接続部が丸くて電線が圧着ペンチや電線を巻いてビニールテープで
巻くとかできなかったので、ほとんど使った事のない”はんだごて”
使いました!!かなり不器用なんで相当時間使いました。はんだが溶けて
いる間に電線と接続部をつなげるのですが、片手ははんだごてで空いて
ないのでこれがナカナカ難しい。なんとか電線とはんだがくっついても
接続部をくっつけようとはんだを溶かすと電線が取れてしまったり。。

写真は差動スポット型感知器分解写真3です。
ストーブで暖めた写真と水で冷やした写真です。暖めるとしっかりと
膨らみ、冷やすとしっかり引っ込んでました。ダイヤフラムは
アルミホイルよりは強度ある感じですが薄い金属です。
なにしろ、こんなチャチな仕掛けとは思いませんでしたね。こんな事
言ったら業界の方に怒られそうですが××ソーに頼めば100円で作って
売ってくれそう。。サーミスタに移行すべきだとつくづく感じました。

防犯・防災カテゴリにて2位継続!
また定位置2位の維持に向け皆様のクリックお願いします
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

※過去記事の一部にパスワードを設けております。
過去記事を拝読したい方は別途メール(info@tama-eikou.com)
宛てにご連絡下さい。パスワードを返信致します。

事務処理にアスクル無料カタログは必須です!!
1900円以上で送料無料です。A4コピー用紙はネットで
最も安いんじゃないでしょうか?500枚299円です。
10冊買って送料無料でお願いしています。


消防設備の設置基準について他

また目まぐるしい毎日が始まってしまいました。
周りを見渡しても工事業者に比べ点検業者は
忙しいように見えますがいかがでしょうか?

工事も届出関連の図面作成などは大変ですが
やはり点検書類作成に追われてませんでしょうか?
夜にやらずに酒でも飲んでしまうと、点検書類が
少しずつ溜まっていき、記憶も無くなって書類が作れなく
なってしまいます。やはり工事を覚えたら効率のいい仕事が
できるんでしょうか?

さて少し点検日記でも。。
先日のスポーツショップの点検では天井裏に数十個の感知器が設置されて
おり大変でした。鉄筋が縦横無尽に走っていて俊敏な人なら訳ない作業か
と思いますが場所によっては捕まる場所が無かったり脚を踏み外せば
ボードを突き破って6mくらい下の1Fへ落ちる可能性も。。
ああいう場所は体の小さい人のほうが断然有利ですね!国道の両脇に
ありがちな天井の高いチェーン店なら皆ありがちですが
やはり消防設備士の皆さん頑張っておられるのでしょうか?

そこの自火報のニッタンの受信機では断線表示が出ているんですが、
全ての感知器の作動試験をしても発報し、絶縁も異常無かったんで原因
がわかりませんでした。時間も少なかったので今度、総合盤内にある
終端抵抗を交換してみたり調査に入ろうと思っています。

また先日点検した新規のマンションでは消火器しか設置されており
ませんでした。4階建てで平米はゆうに1000平米を超えています。

「既存の防火対象物に対する基準法例の適用除外というやつで、非特定
用途の場合は現状の法令に適合しなくとも従前の法令に適合していれば
良いことになっています。」とあるため、自分はいつも、16項イの
ような特定用途の遡及適用は気をつけますが、それ以外の新規物件では
現状設置されている設備に対して点検を行うのみで設置基準を考えて
点検する事は少ないです。未警戒や消火器の本数など細かいところは
当然、注意するようにはしています。

自動火災報知設備は現状、500平米以上で設置が義務付けられています。
(東京は付加条例で250平米以上)しかし、従前の法令がどうだった
のか?昔の書類を引っ張り出して設置届やら防火対象物使用開始を見せて
もらえばよいですが、もう無くなってたりと判らない事のほうが多いです。
いまいち非常警報が設置されてたり、されてなかったりと昔の非常警報の
設置の基準がよくわからないです。1000平米を超えて消火器だけだと
「オーナさん経費かからなくてお得だなあ~」と思ってしまいます。
しっかり住警器の設置を推奨して話をまとめました。

また、先日は久々に避難器具の改修工事に立ち会いました。
いつも1台を1人で30分~1時間ぐらいで交換してしまう職人さんの
流れるような技には惚れ惚れして見てしまいます。見とれていたら挙句の
果てには写真を撮る際にホワイトボードを立て掛けてコーキングに触って
しまい迷惑をかけてしまう始末( ̄∇ ̄;;
それにしてもあのサンドイッチ作戦ってホントに強度は完璧なんで
しょうか?あまりに早技で終わってしまうんで不安さえ覚えます。

写真は差動スポット型感知器分解写真2です。ダイヤフラムとやらを
カッターで切りました。中はただの空間です。写真は正常な方の感知器を
分解したんですが、ダイヤフラムは膨らんでいるようにも見えました。
あまりに簡単な仕掛けなんでビックリです。これじゃあ誤報がおきても
仕方ないなあ~

防犯・防災カテゴリにて2位アップ!いぇい!
また定位置2位の維持に向け皆様のクリックお願いします
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

※過去記事の一部にパスワードを設けております。
過去記事を拝読したい方は別途メール(info@tama-eikou.com)
宛てにご連絡下さい。パスワードを返信致します。

事務処理にアスクル無料カタログは必須です!!
1900円以上で送料無料です。A4コピー用紙はネットで
最も安いんじゃないでしょうか?500枚299円です。
10冊買って送料無料でお願いしています。


火災報知機の誤報対応

寒い日が続いております。今日はみぞれ
交じりの天気でした。さて、11月末から
年末にかけて誤報で呼ばれる事が三回ばかり
ありました。やはり季節柄、急激に寒くなって
くると誤報の原因になりやすいのでしょうか?

そのうちの1件は3階建て30所帯ぐらいの築30年近いマンションにて
11月末に誤報がありました。消防に出動頂き火事でない事を確認のうえ
音を止めてもらいました。発報しっぱなしのため、次の日に管理会社
立会いのうえ入室調査を実施しました。
その時は自分は立ち会えなかったのですが、火報の工事業者に来て頂き
入室調査をしたのですが、配線を確認して、1Fのうち部屋内である事は
わかったのですが配線確認している間に復旧してしまい結局、原因が
わからずじまい。怪しい(劣化している)差動感知器を交換し引き上げ
ました。

ところが12月のクリスマスの昼にのんびりとうどんを食べている最中に
大家さんと管理会社から連絡があり火災報知機が鳴っているとの事でした。
うどんを早々に食べて終えて現場へ急行すると既に消防車が2台
止まっていて5,6名の職員が自分の到着を待っていました。

 消防署員「まだ1Fで発報しっぱなしで誤報のようだよ。前にも
      あったんだって?住民のいる部屋は入室したけど
      それらしき感知器は無いみたいなんだが、業者さん
      のほうからも確認してみて。」

 私「わかりました」

はじから入室していくと2部屋めに入室した時に、消防署員の方が
「あれ?これ光ってるなあ~」
ありました!押入れというか、物入れのところの差動スポット型感知器の
確認灯が光りっぱなし。ヘッドを外して、もう一度はめてもまた確認灯
が点灯。ヘッドを外して受信機にて復旧を押して正常に戻りました。

 私「特に温度上昇とかぶつけたとかいうようにも見受けられませんし
  この感知器の劣化によるものと思われますね。他の感知器でも
  また起こらないとは限りませんから、30年近く経過している事
  ですし、感知器を全て交換した方が良いかもしれません。」

ここの物件は感知器全交換にて話をすすめています。それにしても差動は
誤報があるもんですね。ちなみに松下の1989年製の差動二種でした。
ヘッドを持ち帰り、細いマイナスドライバでこじ空けた写真がこれです。

こんなに単純な仕組みなのか。。。よく言われるダイアフラムというのは
見当たらず、おそらく鉄のほうの中に入っているのでしょう。
それで下の写真のように重ねるとバネがくっつくんですね~これじゃあ
発報しっぱなしです。でもこの鉄側の真ん中のふくらみが膨らんだり
縮んだりするんでしょうか?自分が手で押した感触ではとても縮まず
膨らんだままでした。今度、正常な感知器を分解してみたいと思います。

防犯・防災カテゴリにて3位ダウン↓
また定位置2位の維持に向け皆様のクリックお願いします
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

※過去記事の一部にパスワードを設けております。
過去記事を拝読したい方は別途メール(info@tama-eikou.com)
宛てにご連絡下さい。パスワードを返信致します。

事務処理にアスクル無料カタログは必須です!!
1900円以上で送料無料です。A4コピー用紙はネットで
最も安いんじゃないでしょうか?500枚299円です。
10冊買って送料無料でお願いしています。


あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。本年も我々消防設備士が
無事平穏な日々を過ごせる事を祈願したいと思います。
自分としては脚立を踏み外すとか、無茶な体勢で踏ん張るとかして
怪我をしないようにしたいと思います。中堅になってくるとつい
仕事が雑になりがちですが、そうならないよう一つ一つ仕事を丁寧に
こなしていかねば思います。

年末年始の長い休みも終わり、今日5日より仕事始めでした。
盆休みもあまり無く長休無しで働いていたので一週間近くの休み後の
仕事はかなりダルいですね。まだ休みボケが抜けきらないです。

年始はいつも消防点検(自社)の年間計画をたてます。
半年毎の物件、一年毎の物件はまだ良いですが、3年毎の物件となると
紙ベースと電子データの点検表や請求書などから探して漏れがないか
チェックしていきます。中には2年毎の物件や1年半毎の物件なども
あるため注意しながらチェックしますが、なんにせよ過去の話なので
しっかり管理しておかないと忘れかねません。

そもそも、点検義務は半年毎なんですけど。。
消防署の方が聞いたら驚くかと思いますが半年毎に依頼のある物件は
少ないのが実状です。特定用途でしたら年1回届出があるのでまだ
半年毎の点検する率は高いですが、3年に1回届出がある物件にて
半年毎の点検ですと拘束力が薄く特に消火器だけの物件で半年毎に
点検する必要無いんじゃないか?という話になってきます。

何しろ、点検報告書に押印される消防署届出印の効力は意味があるんで
はないでしょうか?オーナさん等は消防署から話があるとびっくりして
素直に従うんですが我々、消防設備業者が説明してもなかなか従って
くれないもんです。

消防署によっては受付欄に小さい判子を押すだけで番号も取らず×だけ
記載する所もあれば、ご丁寧に「次回の報告は~年~月です。(点検は
6ヶ月毎に必要です)」と記載された判子を押してくれる所や、中には
「平成22年3月31日までに住宅用火災警報器を設置して下さい。
なお、設置した時は消防署へ連絡して下さい。予防課 査察指導係」など
という判子を押してくれるところもありました。我々消防設備業者に
とっては非常にありがたい話です。

話変わりますが、不況の昨今、消防設備保守業者は不況知らずなんて事を
よく言われますが世間同様、なかなか厳しいと思います。消火器の仕入れ
値段は上がっても客だし価格は下げざるを得なかったりとか。でも世間を
賑わせている派遣切りなんて聞くと、安く仕事してもらえないかな?
なんてちょっと思ったりします。点検は資格がないとできないんですけど
ね~まあ今年一年また頑張っていきたいと思います。

※最近、機種変更でN901iからN906iにしました!今日は
写真ありませんが携帯で消防設備を撮っていきたいと思います!

防犯・防災カテゴリにて3位ダウン↓
また定位置2位の維持に向け皆様のクリックお願いします
(40ブログ中ですが。。)
人気blogランキングへ
マウスクリック連打!連打!
しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!
ブログランキング

※過去記事の一部にパスワードを設けております。
過去記事を拝読したい方は別途メール(info@tama-eikou.com)
宛てにご連絡下さい。パスワードを返信致します。

事務処理にアスクル無料カタログは必須です!!
1900円以上で送料無料です。A4コピー用紙はネットで
最も安いんじゃないでしょうか?500枚299円です。
10冊買って送料無料でお願いしています。


プロフィール

umeum0917

Author:umeum0917
消防設備士となってはや10年、社長の急死から1年、

新社長となり経営に目覚め会社を大きくするのか??
はたまた現場を忘れず技術研鑽を忘れず消防設備士として
頑張っていくのか??

ブログサービスを変更し新規一転、ブログ更新を忘れず
会社運営していきます!

私の会社を作っていくのはブログを見ているそこのあなた!
かもしれませんね(笑)

最新記事
消防設備士のためのネットshop
ネットSHOP
↑消防設備点検に使用する点検器具をメインで販売しています。
リンク
最新コメント
カテゴリ
東京・埼玉の消防点検なら
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。